人工の歯 インプラント

インプラントって何?

人工の歯「インプラント」は、歯槽のう漏や虫歯、事故、先天性の欠如等の原因でなくなった歯の代わりに、人工の歯で代用しようとするものです。

術前

歯のないところの顎の骨に規格どうりに穴を形成して、インプラントを埋め込みます。

インプラントと骨がしっかりと結合するまで一定の期間が必要です。この期間は顎の骨の質や量によって異なりますが、最短で40日、骨の増多術等を行った場合はそれ以上の期間が必要になります。

インプラントにセラミックの被せをセットしました。

インプラントと顎の骨とがしっかり結合するとインプラントの植立は成功です。後は、被せを造ったり、入れ歯をとめる装置を造ったりして、全体を完成していきます。

施術例1


  • インプラント植立

  • 土台を取付けました

  • セラミックで修復

施術例2


  • 総義歯の方にインプラントを植立しました

  • セラミックで修復しました

施術例3


  • インプラントを2本植立しました

  • 土台の部品をセット

  • セラミックで修復しました

施術例4

  • 左下に2本のインプラントを植立しブリッジの為の土台をセットしました

  • インプラントの土台をセット後、セラミックのブリッジをセットしました

インプラントと顎の骨とがしっかり結合するとインプラントの植立は成功です。後は、かぶせを造ったり、入れ歯をとめる装置を造ったりして、全体を完成していきます。

施術例5


  • 右下の臼歯部に3本のインプラントを植立

  • 土台の部品をセットしました

  • セラミックのブリッジをセットしました

施術例6

下顎の総義歯のガタツキをおさえるために、2本のインプラントを植立して、バー装置をセットしました。
入れ歯にはバーに固定するクリップを装着しています。
ガタつかない、よく噛める入れ歯になりました。

最新のレントゲン設備

当院では最新の歯科用CT装置(断層撮影装置)を設置しております。インプラント、歯周外科、口腔外科などの治療に威力を発揮しています。

デジタルレントゲン装置を導入しております。旧来のフィルム方式にくらべ1/5から1/10の被爆線量ですので、安心してX線検査をうけていただけます。

矯正用デジタルセファロとデジタルパノラマX線撮影装置

ct